キャリコ

WordPress や STINGER5 のカテゴリを中心に徒然なるままに綴る個人ブログ「 Calico 」です。

アクセスアップに効果あり!過去記事を自動ツイートする WordPress のプラグイン Tweetily

      2014/11/02

イギリスの一軒家で一ヶ月の一人暮らしが確定したキャリコ( @calicocatxyz )です。

地域に密着してイギリスの文化にさらに触れたいと思います。さて、本日はアクセスアップに有効なプラグインについてです。それじゃあラテ、よろしくね♪

こんにちは、ラテにゃ。

ある程度 Twitter のフォロワーさんが増えたら、過去記事をツイートするのもありにゃ。最近フォローしてくれた人は過去のツイートまでさかのぼって見ることはないと思うし、前に書いた記事をアピールする手段として使うには有効な手にゃ。

今日は過去記事を自動でツイートしてくれる WordPress のプラグイン『 Tweetily 』を紹介するにゃ。

Ads by Google

Tweetily のインストール

WordPress のプラグイン Tweetily の導入

WordPress のダッシュボードからプラグインを選び新規追加から『 Tweetily 』を検索してインストールするにゃ。このとき有効化を忘れずにするにゃ。

Twitter と Tweetily を連携させる

Tweetily をインストールしたらダッシュボードにある『 設定 』の下に追加されるにゃ。Tweetily の中の Tweetily をクリックすると Twitter へのサインインが求められるから、サインインした後に『 連携アプリを認証 』というボタンをクリックすればオッケーにゃ。

Tweetily の設定

Tweet Content

自動投稿のツイート内容で、タイトルと本文のどちらを表示させたいかを選ぶにゃ。両方ともツイートすることは可能だけど、Twitter は140文字と文字数が限られてるからタイトルのみの「 Post Title Only 」がいいと思うにゃ。

Post Title Only

タイトルのみ

Post Body Only

本文のみ

Both Title & Body

タイトルと本文の両方

Additional Text

自動投稿の際に定型文を追加することが出来るにゃ。キャリコでは「 前の記事 」と追記することで過去のツイートだとわかりやすいようにしてるにゃ。

Additional Text Location

Additional Text で設定した定型文の表示位置を選ぶにゃ。キャリコでは投稿の先頭に来るように「 Beginning of the tweet 」を選んでるにゃ。ちなみに定型文とツイートの間には「 : 」コロンが挿入されるにゃ。

Beginning of the tweet

定型文を本文の前につける

End of the tweet

定型文を本文の後ろにつける

Include Link

自動投稿に記事へのリンクをさせるかどうかにゃ。記事をツイートしておいて、そのページに行けないなんて意味がないから、これは当然「 Yes 」を選ぶにゃ。

Use URL shortner?

Include Link で Yes を選択すると表示される項目で、チェックを入れると URL のリンクアドレスが短縮されるにゃ。文字数の関係で短縮したいところだけど、Twitter でのリツイート等の検索が出来なくなるからキャリコでは利用してないにゃ。

URL Shortener Service

Use URL shortner? を選択すると表示される項目で、使用する短縮 URL が選べるにゃ。

  • is.gd
  • su.pr
  • bit.ly
  • tr.jm
  • 3.ly
  • u.nu
  • 1click.at
  • tinyurl

#Hashtags

自動投稿にハッシュタグを追加することが出来るにゃ。ハッシュタグも使いたいところなんだけど、ここでも文字数の関係があることからキャリコでは使用していないにゃ。

No. Don’t add any hashtags

ハッシュタグを使用しない

Yes. Use common hashtags for all tweets

すべての自動投稿に設定したハッシュタグを使用する

Yes. Use common hashtags from post categories

記事のカテゴリーをハッシュタグとして使用します

Yes. Use common hashtags from post tags

記事のタグをハッシュタグとして使用します

Use inline hashtags

インラインハッシュタグを使うかどうかにゃ。ツイート文の中に同じハッシュタグがあれば追加されないにゃ。

Maximum characters for hashtags

ハッシュタグの最大文字数を設定するにゃ。

Common #hashtags for your tweets

#Hashtags で Yes. Use common hashtags for all tweets を選んだときに使用する共通のハッシュタグの設定にゃ。

Time between tweets

自動投稿の間隔を設定するにゃ。「 4 」で4時間後、「 18 」で18時間後と何時間後に次の自動投稿をするかという項目で、キャリコでは記事数がそんなに多くないから24時間で設定してるにゃ。

Random Time Added

Time between tweets で設定した時間にランダムでプラスする時間を設定するにゃ。例えば Time between tweets で3時間と設定して Random Time Added で1時間と設定した場合、ランダムで1時間がプラスされて4時間で自動投稿されることがあるにゃ。

Minimum age of post

何日目以前の記事を自動投稿するかという設定にゃ。ここを「 0 」にすると最新記事が自動投稿される可能性も考えて、キャリコでは過去3日間の記事は除外するために「 3 」に設定してるにゃ。

Maximum age of post

何日以内の記事を自動投稿するかという設定にゃ。例えば「 365 」と設定すれば過去1年間のツイートが自動投稿の対象になるにゃ。

Enable Logging

チェックを入れると自動投稿のログが作成されるにゃ。履歴のようなもので何が自動投稿されたのか確認する必要がないなら、サイトが重くなる原因にもなるしチェックをはずしておいた方が無難にゃ。

Number of Tweets

1度にツイートする記事数の設定にゃ。キャリコでは1記事を自動投稿したいから「 1 」に設定してるにゃ。

Select post type

自動投稿する記事のタイプが選べるにゃ。キャリコでは「 Only Posts 」に設定してるにゃ。

Only Posts

単一記事のみ

Only Pages

固定ページのみ

Both Posts & Pages

単一記事と固定ページの両方

Exclude Categories

自動投稿の対象として除外するカテゴリを設定するにゃ。チェックボックスを入れたカテゴリの記事は自動投稿されないにゃ。

Exclude specific posts

さらにこのリンクをクリックすれば自動投稿の対象になってるカテゴリ内で、除外したい記事を個別に選択することが出来るにゃ。

Update Tweetily Options

上記の設定を保存するボタンにゃ。これを押さないといくら設定しても保存が出来ないから、設定を終えたら必ずクリックするにゃ。

Tweet Now!

自動投稿のボタンにゃ。これをクリックしたらすぐに自動投稿されて、Tweetily ページ上部にある次の自動投稿までのカウントダウンが始まるにゃ。

Reset Settings

設定を初期値に戻すボタンにゃ。すべての設定を終えたらこのボタンは押さないように気を付けるにゃ。

Tweetily を日本語化させる

ここまで説明をしてきたのにアレだけど、Tweetily は日本語化することが出来るみたいにゃ。キャリコは必要性がないからしてないけど、こちらのサイトを見るとわかりやすいと思うにゃ。

Tweetily の自動投稿を確認する

Tweetily が自動投稿するとこのように表示されるにゃ。しかし… このままだと文字数が70文字しか表示されないにゃ。漢字、ひらがな、カタカナが1文字としてカウントされず、2文字としてカウントされてることが原因にゃ。これを解決するには次の手段を使うにゃ。

Tweetily の文字数を増やす

140文字までつぶやける Twitter で70文字しかつぶやけないのなら、140文字と設定してる部分を280文字にしちゃえばいいっていう発想にゃ。ただし、これは非推奨だから設定は自己責任でお願いするにゃ ^^;

変更する場所は Tweetily をインストールしたフォルダにある『 top-core.php 』というファイルにゃ。これは「 /wp-content/plugins/tweetily-tweet-wordpress-posts-automatically/top-core.php 」でたどり着けるにゃ。このファイルの中の『 //Shrink a tweet and accompanying URL down to 140 chars. 』から下の部分を変更するにゃ。

この色を付けた部分の『 140 』を『 280 』に変えるだけにゃ。

これだけで日本語でも140文字ツイートすることが可能になったにゃ。キャリコではこの設定をしてから10日ほど経つけど今のところ不具合はないにゃ。

まとめ

過去記事を自動ツイートすることで埋もれた記事の再発掘にもなるし、それを自分で見て改良したり続編を書いたりすることも出来るにゃ。さらにその記事が最近フォローしてくれた人の目に留まってリツイートがあったり、お気に入りに登録してもらえたりと意外な効果でアクセスアップに繋がるにゃ。

今日はここまで、じゃあにゃ~

ライター紹介

ラテ Web 担当、SNS 広報、イメージキャラクター

スコティッシュフォールドの女の子。主に Web 系のネタを中心にお届けする IT にゃんこです。

 - プラグイン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャリコの最新情報をお届けします

Twitter でキャリコをフォローしよう!

【キ】 アドセンス用336px

【キ】 アドセンス用336px

  関連記事

Web サイト上にソースコードを綺麗に表示してくれるプラグイン SyntaxHighlighter

またしても HARIBO ではなく HALALBO を買ってしまったキャリコ( …

Standard Widget Extensions
STINGER5 でスクロールしたときサイドバーが中途半端に固定される現象を解決

ワインとシャンパンが弱点のキャリコ( @calicocatxyz )です。 いや …

WordPress で特定の記事だけアドセンスを非表示にする方法
WordPress で特定の記事だけアドセンスを非表示にする方法

Google AdSense 停止は辛い、キャリコ( @calicocatxyz …

Simple Local Avatars
WordPress をお使いのみなさん、コメント欄が寂しくないですか?そんなときは Simple Local Avatars

旅ブログの移行が完了したキャリコ( @calicocatxyz )です。 不要な …

WordPress で新サイトを開設する時に必ず入れるプラグイン14選
WordPress で新サイトを開設する時に必ず入れるプラグイン14選

WordPress は4つ運営中、キャリコ( @calicocatxyz )です …

WordPress のプラグイン Autoptimize で不具合が出た時の対処法
WordPress のプラグイン Autoptimize で不具合が出た時の対処法

これで解決、キャリコ( @calicocatxyz )です。 いつしかブログのメ …

eye
AmazonJS の商品画像がぐるぐる回って表示されないときの対処法

缶コーヒーが美味しくてついつい飲んじゃう、キャリコ( @calicocatxyz …

WordPress のプラグイン AddQuicktag で作業効率大幅アップ!

最近ずっとひきこもりがちのキャリコ( @calicocatxyz )です。 イギ …

ワンクリックでサイドバーを固定できる WordPress のプラグイン Q2W3 Fixed Widget

今月も個人でのペペロンチーノ消費量は世界トップクラスだと思ってるキャリコ( @c …

WordPress のリビジョンを削除してデータベースを最適化するプラグイン Better Delete Revision

ブログのインポート&エクスポート機能は神だと思うキャリコ( @calicocat …